億万長者を夢見る
すべてのデイトレーダー・スイングトレーダーへ、
このサイトは私の血と情熱と笑いで書き綴っております。


無料レポート

過去記事 2003年からあるぞ!!

Amazon.co.jpアソシエイト

昨日のおまけ

おまいらまずはブログランキングポチしてから読めよ。

皇紀2680年6月17日 2020年6月17日


昨日とかぶる内容というか補足


反発の陽線の高値では入れ
上昇トレンドは買い 下降トレンドは売り
追っかけエントリーはするな、押し戻りを狙え
グランビルの法則だけでもトレードは勝てる


これは、ウソではないが機械的に全ての期間で
通用する話ではない。


反発の陽線の高値では入れ

価格調整は充分か? 時間調整は?
事前にふるい落としがあるか? ダマシはあるか?


上昇トレンドは買い 下降トレンドは売り


トレンドがどの程度続いているか?考えたか?
トレンドのどの段階か理解しているか?
転換直前ならまきこまれる。


追っかけエントリーはするな、押し戻りを狙え


これは、多くの場合に正しい事が多い。
だけど事前にダマシやふるい落としがある場合は
押しや戻りをつけずに行く。


グランビルの法則だけで勝てる


どのような値動きで近づいて来たのか?
これを考えろ。 前にもワークしてたか?
相場の転換点であれば、そのまま突き抜けるぞ。


まあ、なにかを一つ機械的に当てはめて勝てるなら
苦労はしない。 この判断をどうするのか?


それは「相場の環境認識」である。
上げ下げ横ばいだけを判断するのではなく


今、どの段階なのか?


ダウ理論で言うところの何期にあたるのか?
エリオットで言うところの何波にあたるのか?


こういう事を総合的に考えた上で
最終的に使うものが トリガーだ。


素人はトリガーばかりを気にするから勝てない
精度をあげる為にテクニカルがあると誤解している。


俺から言わせりゃ
心理的に背中押す程度の話だ。


相場は こういう時はこう
ただし、コレコレの時はこう がメチャクチャ多い。


これだけ押さえておいたら勝てます ってものはない。
暗記して、どうにかなる世界ではない。

今日もポチたのむぞ  にほんブログ村 株ブログへ 読み逃げすんなよ