億万長者を夢見る
すべてのデイトレーダー・スイングトレーダーへ、
このサイトは私の血と情熱と笑いで書き綴っております。


無料レポート

過去記事 2003年からあるぞ!!

Amazon.co.jpアソシエイト

多数決じゃないよ

おまいらまずはブログランキングポチしてから読めよ。

皇紀2680年3月23日 2020年3月23日


チャートには群衆の心理が表れている って表現がある。

 

それを「大勢がそう思うからそうなる」

 

って解釈をすると酷い事にしかならない。
相場は多数決は間違っている事が多いのである。


相場を動かしちまうそうなタネを持っているヤツが
どのようにして玉を集めて、玉を逃がそうとしているのか?


こういう事を同時に考えないといけない。
教科書通りのパターンを暗記して勝てる気になってはいけない。


タネのデカイヤツは取得単価を不利にしないように
玉を集めないといけないし、
逃げるにしても相場を崩さないように工夫する。


平均取得単価を不利にしないように玉を集める方法としては


ダマシを利用して反対玉の注文をLCさせて集める
いわゆるLCハンティングと言われる方法


レンジでコツコツと広い集める方法
レンジの場合には、含み益も含み損も大した事がないので
多くがLCをしないから注文がドンドン溜まっていく。


そうして売り物がわいてこなくなったら、待機していた資金で
LCが発動されるであろう場所まで持っていく。


反対玉のLCと、ブレイクアウトを狙った新規の注文かが入り
ドーンっと大きく動く、次々に注文がやってくる。


その注文に自分の玉をぶつけて逃げる。
これがチャート上にはブレイクのダマシとして現れる

 

ブレイクラインを越えたら、抵抗がなくなったので
そこでエントリー なんて事しか知らないと


こういうダマシに何回も何回も遭う
そして、トレード本に書かれている通りにやっているのに


どうして勝てないのだろう? と途方にくれる。
熱心な素人が必死になって読む本の内容を信じて勝てるなら

 

世の中に貧乏人はいなくなる。

 

相場はそんなに甘くない。 ビックボーイズが何を考えて
何を企んでいるのか? って視点でチャートを見る必要がある。

 

今日もポチたのむぞ  にほんブログ村 株ブログへ 読み逃げすんなよ