お奨め書籍!!
俺様が読んで良書だと思う書籍のみをアップしてある。おまいらコレを読め!!
これを読んでも、意味がわからないなら株をやるな!! 朝から晩まで働いてろ!!
トレーダー向けの本                 メンタル強化に必要な本 
危ない話1

ろくでなし日記 シリーズメニュー

バフェットシリーズ   1 |  2 |  3 |  4   危ない話シリーズ   1 |  2 |  3   能書きシリーズ   1 |  2 |  3 |  4 |  5   財務分析シリーズ   1 |  2 |  3  

2003年11月17日 少年時代の思い出1

少年時代の思い出1 2003年11月17

ちょっと 今日は、バフェット様のシリーズは中断して子供の頃の話をしたいと思います。
投資と関係のない話なので、興味のない方は、
「今日の一言」まで読み飛ばして下さい。



私にはトラウマがあります、それは小学校2年生で「ホームルーム」の時間に同級生の
高砂君(二年四組 男子・出席番号15番)に言われた酷い言葉が原因です。
今でも、
高砂君の言った酷い言葉は、私の悲しい記憶に鮮明に残っています。



それが、、心の
深い傷となってトラウマになったのです。 その酷い言葉とはね







内田の家は貧乏だから・・・・




玄関のインターホンが
「ピ-ンポ-ン」ではなくて














「びぃぃぃんぼおうぅぅぅぅ」って鳴るんだぜ!!

ぎゃははは!!
  教室中 爆笑の渦です。

私が密かに好きだった
立花さん(二年四組 女子・出席番号23番)まで大笑いしてました(涙) 

担任の先生は
「高砂君!!そんな事を言っちゃ駄目でしょ!」

と涙を流して
笑いながら注意してました。

まぁ、子供とは残酷な生き物ですから
むごいこと
タイミングを考えないで平気で言ってしまうのです。

しかし、私の
「ガラス細工のように繊細な心」

あの時の
高砂君の言葉でスゴク傷つきました。


「何てこと言うんだい!!」と思いました。家に帰ってから悔しくて、
「おやつの時間」
まで泣きあかしましたね・・・・


ワシャ、、あん時は泣いたよ!! そして、子供心にも誓いました、、



貧乏だけは絶対にゴメンだ!!
何がなんでも
成りあがって、のさばってやる!! 
高砂君、今日の屈辱は忘れないぞ!! 


そして、こうも考えました


今度、生まれて来る時は、愛人の子供
でもいいから
金持ちの子供に生まれたい!! 

(今は思ってません、来世があるとすれば、また内田家に生まれたいです)


それが私のトラウマですかね? それから何でも


金、金、金、世の中は
ゼニが全てじゃい!!
は生きろ!! ブタは死ね!!

Cash! Money! Brother! 
になってしまった、、、


ところが最近、嬉しいことを知りました、、
自分一代で
「大富豪」になった人間の共通点なんですが下記のとおり。


1  成功するまでに2回から3回破産を経験している。 
    (私は2回は経験済みでんな。ようし!! あと一回だぁ!!)

2  子供時代に「新聞配達」をしている。  
    バフェット様も「ワシントンポスト」を配達してました。私の場合は「読売新聞」です!

3  子供時代は貧乏だった。  
    「貧乏自慢対決」なら負ける気はしねぇな!! どっからでも、かかって来なさい!!
     

あっ!! 新聞で思い出した、、、話の途中ですが、ここで一言
(脱線です)




韓国と中国ばかりに味方して、大和民族の誇りを傷つける、
偏狭思想の
朝日新聞を購読するのは止めましょう!!



ハァハァ興奮して叫んだら疲れた、、脱線終了!!


という事はですよ!
 共通点の多い私は「大富豪」になれるという事でんな!!

ここで、私が考える大富豪の最低条件を発表します。

1  総資産が最低でも1億ドル以上(約100億円)あり、
  毎月の収入が1億円以上ある事。
  うーん、頑張る!!

2 日本の「大富豪」1000番以内に入る事。  今は考えるだけ無駄!!

3 自分の命令を「畏くも天皇陛下の御命令」と心得る、
  忠誠心溢れる部下が最低 30人はいる事。
  
   うううっっ、調子のいいヤツしかいねぇ、、、

4 超一流ホテルに行ったら、総支配人が出迎えてくれる。   
   東陽町の「イースト21」なら超VIP待遇、、、絶対に一流とは言えないけどね、、、

5 軍隊経験のあるボディーガードが最低 5人はいる。   
   うううっ 元中国人ギャングだったヤツが一人しかいねぇ、、、

6 超一流スイス銀行に隠し口座がある。      
   三流の南米銀行しか相手にしてくれねぇ!! しかも政情不安の為に潰れた(涙)

7 彼女が3人以上いる事。 
  
   

まぁ、こんなもんですかね?  他に重要な条件を知っている人は「お便り」ちょうだいね。
うーん、、こうして考えてみると「大富豪への道」は遠いなぁ、、、

さて、
高砂君の事は以前は怨んでましたが今では感謝しています。
だってさ、、あの時の
「悔しさ、恥ずかしさ」がなかったら、
今のように
「ゼニに対する執着心」を持って商売を頑張れなかったと思います。
言うなれば、高砂君の「インターホン発言」が
「カンフル剤」になったんですね
はぁ、、、我ながら本当に下らない事をトラウマにしたもんだ、、ああっ! くだらん!(笑) 



その後
高砂君は中学からグレ初めて15歳の頃には、
地元では有名な
札付きのワルになりました。(私は優等生でした、事実です!)

高砂君は高校
(私と同じ高校)に行きましたが一週間で退学処分となり、
その後に
怖い先輩にスカウトされて・・・・








ヤクザ
になっちゃった!!



でも、裏社会では出世が出来ず
チンピラのままです。よく私の元にゼニを借りに来た
もんです。最近はゼニを借りに来ないなぁ?  なんだろう? と思っていたら 



奥さんから連絡があり、、





ウチの人は少し前に恐喝事件で警察に逮捕されて、今は刑務所に
入ってるの。 それから、ウチの人に


「借りたお金は出所するまで待っててくれ!」


と伝言を頼まれたの、、迷惑かけて本当にゴメンなさい、、、

と泣きながら事情を説明されました。 うーん、高砂君は相変わらず無茶をしますねぇ、、
子供時代から
学習能力ゼロですな!
 




そして、子供時代の初恋の人であった立花さんは21歳で結婚をして「二児の母親」となり
幸せな家庭を築いたように思われたのです、、、









が、しかし!! 








旦那が借金を残して蒸発
してしまい、今は子供を育てる為と蒸発した
旦那の借金返済の為に
 













吉原の特殊浴場で楽しく元気に働いております。
(絶対に私は彼女の常連客ではありません。)


当時の担任の先生は
、連絡が取れないので分りません、、、


まぁ、今となっては、幼なじみの
心温まる話です。
どうです? 私の純粋な子供時代の話に感動したでしょ? これからも、ちょくちょくアップします。




注意 この実名入りのエピソードをサイトにアップする際に高砂君は彼の奥さんから
(服役中の為)
立花さんは本人から承諾を得ています。先生は連絡が取れなかったので
「戸田先生」
とは記載せず「担任の先生」と記載しました。

笑っちゃう事に私の弟が小学生の時にも戸田先生が担任だったんです。
引越しで学区が変わっていたのにもかかわらず偶然にです。
世間は狭いものですね、、


今日の一言



「成り上がり」 いい言葉じゃねぇか! 
俺はこの言葉が好きだね、、


                            矢沢 永吉

うーん、矢沢さんも「豪邸詐欺事件」に引っ掛かるまでは、私の憧れの人でした、、



ブックマークする→  このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 Buzzurlにブックマーク お便り、いちゃもんはコチラ ページのトップへ↑
2004年1月25日 大迷惑!! 女ギャンブラー 

大迷惑!! 女ギャンブラー 2004年 1月25

警告

今日は株式投資の話は一切ありません。危ない話にアレルギーを感じる方は絶対に読まないで下さい。 
この警告にも関わらず読んで、私をならず者・悪人と思い込むのは許しません!!


7年くらい前、私が24歳だった頃の話です。 

ある日のこと・・・・借りているボロアパートの大家のバァさんから電話がありました。

大家さん  ああっ内田君? 今ねぇ 警察の人が来たよ・・・・

       警察? 何処の警察? 

大家さん  警視庁A警察署と言ってたけど・・・
         
アンタ・・・何か・・・やっちゃった? 

       とんでもない!! 私は善良な一般市民です!!
         

大家さん アンタは家賃をキッチリ払ういい子だし、年寄りに敬意を払うし礼儀正しい。
         そんなアンタが好きだから、刑事達には、
         「ここには、何年も帰ってきてないから来ても無駄」と言っておいたよ。
         
余計な事は何も喋らなかったよ!! 安心して!!       



ヤレヤレ・・・人の話を何にも聞いてねぇーな!! このバァさんは!!


      大家さん、そんな気を使わないでも・・・ 私は何もしてないんだから・・・ 

大家さん  大丈夫!! ごまかさないでもいいのよ!!
       わたしゃ、アンタの味方だから!! 安心して!! 

          まぁ、若い時はそういうこともタマにはあるでしょ!! アハハハハ!!
         私は
犯罪者であっても、家賃さえもらえればいいんだよ!! きゃはは!!


と言うわけで、大屋さんは
完璧に私を犯罪者扱いしています。 
本当に!! 人の話を何にも聞いてねぇーな!! このバァさんは!!

その上・・・

警察が探してることを教えたのだから謝礼金をよこせ!! 
悪いヤツでも部屋を貸すんだから、来月から家賃を5000円値上げしてもいいか? 

などと、言ってきたのです。 
まぁ、商売上手な・・バァさんだこと・・・

でも、私はこういう
イケイケ バァさんは好きだから。

     大家さんも商売上手だね・・・おこずかいをやるよ。家賃も値上げしていいよ。
       
でも俺は悪者じゃないよ!!と無駄な抵抗をしました。

ちょっと、ここで中断 

このボロアパートは江戸川区の小岩というところにあり、私が16歳の時に
生まれて初めて借りた部屋である!! 便所は共同で四畳半一間!! 家賃は2万5円の 

筋金入りのボロアパートである!! 

24歳の頃には手下も増えていたし、商売も順調であった為に江東区内の高級マンションに
引っ越していた。

だけど、辛かった貧乏な時代を忘れない為にと「ボロアパート」は借りっぱなしにしていた。
ちなみに、このアパートは今も借りている。 時々、ボロアパートを見に行っては 

初心を忘れ、慢心すると・・・
あの貧乏なチンピラ時代に逆戻りだぞ!!
   

と自分に言い聞かせている。 
言うなれば私の原点であり、チンピラ時代の思い出のつまった「チンピラ記念館」と言える。

さて、話を戻します。

       大家さん、デコスケ(刑事のこと)は何処の課だったか分る? 
 
( 全国の良い子の皆様!! 刑事さんを見ても「デコスケ」と言ってはいけません!! これは悪い人達の言葉ですからね!!)  

大家さん
  うーん、分らない・・・そこまでは聞かなかった・・・ 

       ああっそ・・・ でもありがとう。 またね!! 

警察が俺様に用事とは何なんだ!! ドキドキ!! 








心当たりが多すぎて困るじゃネェか!! 
 


まぁ、気にしても仕方がない・・・ 悩んだところでどないもならん!!  
どうせ、くだらネェ事件だろ、半年もすれば、ほとぼり冷めるだろーよ。それまでの辛抱さ!! 

ところが!! それから、一週間して 私の携帯電話(他人名義)が鳴った・・・・

着信を見ると  
下4桁の数字が 0110 である!! 
(
  警察の電話番号は 最後が0110になる、関西方面は 1234 らしい)
 

ちゃらりー 鼻から ぎゅうぅぅにゅうぅぅぅ!!

ありゃゃ・・・警察だよ・・・ 流石に調べるのが商売だから・・・
スグに私の使っている携帯電話番号を割り出したんだね・・ 
もしかしたら・・けっこう本気で俺様を追っているのかな?  出てみることにした・・・ 


私 
     モシモシ(脇の下に冷や汗をかきながら・・・恐る恐る)

刑事    ああっ内田さん? 

      ハっハイ・・・

刑事    A警察のYってもんだけど、チョッと聞きたいことがあんだけどさ
        悪いけどA警察署まで
チョッと来てくんないか? 
        
( 刑事さんはぶっきらぼうに話す人が多い。そして「チョッと来てくれ」はパクる時の決まり文句) 

      仕事で忙しいから行けないです。それにチョッと聞きたい事だったら、
        
電話でもいいんじゃないですか?

刑事
    そう言うなよ・・・チョッと聞きたいだけなんだからさ!! 
       

アホなことを言うな!! そんな恐ろしい所に死んでも行けるか!! 
その
チョッと来てちょ!!に騙されて今まで何人の友達が、逮捕されたことか!!
ノコノコ、出頭した途端にハイご苦労さん!! 逮捕!! はゴメンだね!! きゃははは!!
          

      任意ならお断りします。 どうしてもと言うなら・・・
        裁判所から
キップ(逮捕状)をもらってから来て下さい。
        この時点で、私は自分が何かの罪で逮捕されると思い込んでいた。
        でも、心当たりが多すぎて、何の罪だか検討もつかず混乱していたのだ!!

刑事
    はぁ?? 聞きたいのは内田さんの事じゃないぞ・・・
        
随分と警察を怖がっているみたいだけど・・・
        
アンタ・・・何か・・・ヤバイことをしてるのか?
            (何か悪い事をしているのか?という意味)

      イヤ、私は善良な一般市民です!! 
        (なんだ・・・俺様を逮捕したいワケではないのか?? と半信半疑・・・)

刑事    だったら、協力してくれよ・・なぁ? 

      だったら、聞きたい事を今、電話で言って下さいよ!!
        (念のために内容を聞いてみよう!! ヤバかったら夜逃げだ!! ズラズラ!!)

刑事
    高橋恵って知ってるだろ? ソイツの事を聞きたいんだよ!! 
        アンタも叩けばホコリが出るんだろーけど・・・ 今回は本当に
       
アンタのことじゃないから安心しろよ!!

     高橋・・・高橋・・・高橋恵・・・ああっ思い出した!! 
      何だよ!! 刑事さん!! ビックリさせんなよ!!
 
       
早くそれを言ってちょーだいよ!!
        俺を捕まえるのかと思って、ビビッたじゃないの エヘヘヘ!!

刑事    あーん? ヤッパリ・・・アンタは・・・何かしたのか?

私    そんな!! 悪いことは なーんにもしてまっせーん!! 

       

刑事   まったく・・・調子のいいヤツだねぇ・・・・警察を舐めてんだろ?? 
        (警察の関心が自分でないと知った途端にわたしが、急に馴れ馴れしくなったので刑事さんも気分を害したらしい・・)

     イヤ、とんでもない!! 今は会社にいますから遊びに来てくださいよ!! 
       
お茶でもご馳走しますから。

刑事   今の時点で、アンタがどんなヤツか分らないのに・・・
       
お茶を飲みに遊びに行けるか!!
    それに・・・仕事が忙しいんじゃねーの?

私    
そんな、イジメないでよーん!! 御上に協力すると言ってるんだし・・・
        と
尻尾をフリフリゴロニャーゴ!! をしました。

国家権力と金持ちには逆らわない!!

というのは私のモットーですからね!!


       
チョッと中断

刑事さんが何故「お茶を飲みに遊びに行けるか!」って怒ったのかを説明します。

刑事さんは仲良くなると
頻繁にお茶を飲みに遊びに来るという習性がある。
これは、普段から街の裏事情に詳しい「ろくでなし」と仲良くして情報を収集するためである。 
しかし、これは
表面的な建前であり本当の意味は違う・・・・

「ろくでなし」としても刑事さんと仲良しになると 
イロイロとメリットがある・・・
そして、刑事さんにも
イロイロとメリットがあるのである・・・・

つまり、お茶でも飲みに来てよ!!というのは、

これから仲良くしよーよ!! という意味の事をに刑事さんに伝えているのです。 
しかし、お茶を飲みに行く相手が犯罪者だったり暴力団組員であると「汚職や収賄」の嫌疑を
かけられるので、刑事さんも最初は非常に神経質になるのである。 

イロイロなメリットは魅力的だが、
今の時点でどんな人間なのか分らない私と

今は仲良くするワケには行かない!! という事である。

というわけで
「お茶でも飲みに来てよ!!」というのは、初対面の刑事さんに対して、
あまりにも無礼・無用心・不謹慎な発言なので、刑事さんも怒ってしまったのです。
この暴言とも言える不謹慎な発言は、警察の関心が自分でないと分り、安心した反動で
調子に乗り過ぎてしまったのが原因ですな。

その時の私は、焦りまくって平常心ではなかったということです。 

刑事さんと仲良しになり、イロイロと良い関係を築くにも
順番としきたりがあるという事です。


まぁ、実際は2.3回も会ってると仲良くなって、そのうちに一緒にキャバクラに行くようになる。

こうなると何でもありだけどね・・・。 

よく、「金無垢のローレックス」をしている刑事さんを見かけるが、
私はそういう刑事さんは大好きだね!!

私の経験上そういう刑事さんは も・の・わ・か・り がいいからね
( とくに暴力団対策班や銃器対策班の刑事さんは「金無垢のローレックス」が大好きな方が多いという傾向がある。)

ところで・・・ 
イロイロって何? も・の・わ・か・り が良いとはどんな意味? 

それは 
ひ・み・つ です!!

ちなみに、私の友人と仲の良い刑事さんは、
おXずXい が欲しい時は友人に

メシでも食おうか? とか お茶でも飲もうか?
 と言います。

すると、私の友人は刑事さんと食事をした後で・・・
日夜、危険を返りみず、市民の盾となり働いている刑事さんの御苦労に報いる為に・・・

感謝の気持ち
福沢諭吉で表現します。

話を戻します。

そんなこんなで、刑事さんと私は駅前の喫茶店で話すことになりました。
刑事さんが近くの駅まで来て電話をくれるのを事務所で待っていました・・・
そして、待っている間に高橋の事を思い出した・・・

高橋かぁ・・・・いい女だったけど、メチャクチャな女だったね・・・

あんな女と、二度と関わりあいたくないね!!
 
(絶対に、この女は昔に付き合っていた女ではありません!!)

高橋恵
とはどんな人物なのか? そして、刑事さんは私から彼女の何を聞きたいのか? 

続きは今度だよーーーん!!

注意このエピソードは実際にあった私の体験談ですが、諸事情により登場人物の名前の一部は変えております。 


今日の一言 

子供の頃、悪いことをして警察に捕まった。お巡りさんに黙秘権の説明をされた。

言いたくない事は言わなくていいんだぞ! 
でも、お巡りさんが君に聞きたいのは・・・ 
君の言いたくない、その部分なんだよね!!

ブックマークする→  このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 Buzzurlにブックマーク お便り、いちゃもんはコチラ ページのトップへ↑
2004年1月27日 大迷惑!! 女ギャンブラー2

大迷惑!! 女ギャンブラー2 2004年 1月27日


警告

今日は株式投資の話は一切ありません。危ない話にアレルギーを感じる方は絶対に読まないで下さい。 
この警告にも関わらず読んで、私をならず者・悪人と思い込むのは許しません!!


 

それから二時間くらいして、刑事さんから連絡が入ったので駅前まで迎いに行きました。
電話では二人組で二人ともグレーのスーツで書類カバンを持っているとのこと・・・
( 刑事さんは必ず 二人一組で行動すると憶えましょう!!)

駅についた私は、 刑事さん達は、何処にいるのかなぁー? と人ごみの中を探しました。

って言うか・・グレーのスーツなんて言ったって・・・

ほとんどのヤツがグレーのスーツじゃねぇか!!・・どれがデコだかわからん・・

あっ!!
 いたいた!!  


数いる、グレーのスーツの中で明らかに雰囲気の違う二人組みをみつけた・・・
改札口の横に
目つきとガラの悪い二人組みを発見!!

あの雰囲気は間違いなく
デコ(刑事)だね・・・しかし、なんであの人達は・・・・


一目みて刑事と分る風体をしてんだろうね・・・

だから内偵してもバレるんだよ!!


チョッと中断、内偵とは証拠集めの為に被疑者の身辺を秘密裏に捜査をすること。
でも、刑事さんは
尾行が下手な人が多いから、感のいいヤツはスグに気が付く。

昔、私の友達なんか、警察の内偵に気が付いて・・・・

警察の望遠カメラに向かって手を振り、投げキッスをしたくらいだ。
(信じられないかもしれないが、実話だよ!! この話も笑えるから、そのうちアップするね。)


我々クラス
になると、デコ(刑事)は一目みて見分けがつく・・・ 
何せ、ガキの頃から見分ける
必要性に迫られているから、自然と身につく。
動物的感ってヤツだね・・・ 特徴を具体的に説明しろと言っても無理!!
 全国の良い子の皆さん!! 「我々クラス」とは悪い人達が、自分達を自慢する時の表現ですから学校で使ってはいけませんよ!!

私は今では善良な市民であるが、これでも昔は悪ガキだったんだよね・・・意外でしょ?

さて、話を戻します。ガラの悪い二人組みに一直線にズンズン近づいていき・・・  

刑事さん、ご苦労様です!! 内田です!! と元気に挨拶をした。 

突然、刑事さん!! と言われたので、ガラの悪い二人組みは驚いていた。


二人組み  はぁ? あのうぉぉぉ・・・

うふふふ・・・刑事さんも、驚いたようだね??
こんな、凄まじい混雑の中で迷わず一直線に近づいて来たから・・・
俺様の鋭い観察眼に
ビックリしているんだろ? あん?? 

と心の中でつぶやいて、得意そうに鼻を
ふごふごしていました。









二人組み
 あのおぉぉ・・私達は警察じゃないんですけど??(不動産屋だった)


ん?? 俺は・・もしかして・・勘違い平行棒??

うむむむ・・てめぇ!!
 紛らわしいしんだよ!! 馬鹿!! 
ガラが悪いから・・てっきり・・ デコ(刑事)かと思ったじゃネェか!! 


と心の中で叫びましたが、
「これは、失礼しました」と不動産屋に謝りました。 

しかし・・
不動産屋と刑事を見間違えるとは・・・俺様もヤキがまわったね・・・
動物的感が鈍ったね・・なんて思いながら二人組みに頭を下げていたら、

突然!!

内田博史さん?
 と後ろから、声がかかりました。ドキっ!!
(突然に後ろからフルネームで声をかけられると ドキっ とするのは、「ろくでなし」の習性です。)



でも、スグに
平常心を取り戻し、笑顔いっぱいで振り向き挨拶しました。 

   刑事さん!! お待ちしてました!! ご苦労様です!! ってね。(今度は本物だった)

刑事 ・・・・・・ 取り合えず、喫茶店でも行きますか。 

喫茶店に入ってから、名刺をもらい。鎖がジャラジャラついた警察手帳を提示されました。 
それから顔写真のはってあるページを見せてくれました。 

ちょっと中断、よく刑事ドラマで 「こういうもんだけど」と言って警察手帳をチラっと見せるシーンがあるけどあれは嘘!!
警察手帳は強奪されないようにと鎖かヒモが付いているし、必ず顔写真のページを見せる。 それが規則だからね。


刑事  ところで、内田さんの住んでいる所なんだけど、あのボロアパートじゃないよね? 

    ええ、住民票は置いていますが、普段は彼女のマンションに住んでますから・・・
     
 ( あんまり、その辺りを詳しく聞かないで!! 「ならず者」の共通点である「住所不定」ってヤツだよ!!)

刑事  ああっ・・だから、いつ行っても留守だったんだ・・・・ 
      それから、職業や生年月日などを聞かれた後に。 
      
早速だけどさ、高橋の事を教えてくれる? 
     最初にあったのは何時頃なの? 

    今から、一年半くらい前に知り合いました。と答えて逆に刑事さんに聞きました
     
ところで・・・・刑事さん・・どんな事件なの?
     
もしかして、彼女は・・・誰かに殺されちゃった? 

刑事
  イヤ・・・そうじゃねぇけどよ、捜査中だから詳しいことは言えない・・・・・・


でも、刑事さんの態度から察するに高橋は、けっこうな事件
をやらかしたか、厄介事に巻き込まれて行方不明といった様子です。

そこで・・・ 私の好奇心に火がついて・・・

   刑事さんを目の前にして、こんな事を言うのも不謹慎だけど・・・
     
あの女が バラバラ死体で発見されても、
    行方不明になったと聞いても俺は全然驚かないね・・・

      アイツは殺されてもしょうがない事を、いろんな人に、やりまくったからね・・・・
     でも、俺は彼女の事はあんまり知らないよ、俺の話が参考になるかねぇ・・・     

と、言って刑事さんの反応を観察しました・・・

刑事
  まぁ、そう言わないでさぁ・・・知ってる事だけでいいから話してよ・・・



ごまかしやがった・・・
うむむむ・・・明らかに何かとんでもない事件のようです・・・

ここで、高橋という女と出会った経緯を説明します。


 

彼女と知り合ったのは、刑事さんからお尋ねが来る一年半くらい前です。 

その頃の私は、
とっても、良心的な金融業を営んでおり、

都内の同業者の中で私は、ちょっとした有名人でした。
有名になったキッカケは、金融業者の間で・・・

ゼニを借りたら絶対に返さない!! で有名な女詐欺師!! 

を紳士的に説得して、貸したゼニを取り立てることに成功したのが原因でした。

以前の日記で紹介した、ふざけたオッサンとは違うタイプの詐欺師でしたが・・・
この、女詐欺師にゼニを貸した金融業者は全員、踏み倒されていたのです。
この女詐欺師は、強面の金融業者が
脅してもスカシてもビクともしない!!

何しろ、しぶとい!! スッとぼけたババァでした!!

百戦練磨の金融屋のキツイ追い込みを
のらりくらりとかわしてしまうのです!!
そのウチにどの業者も疲れてしまい、イヤになってゼニの回収を諦めてしまったのです。

それを23歳の若造が取り立てに成功したしたので、私はちょっとした話題の主になったので
す。この、エピソードも面白いから、そのうちアップするね。 

話を戻します。女詐欺師を撃退した私の噂を聞きつけ、それまでに知り合った同業者達が
私に
リファイナンスを申し込んでくるようになりました。
そのうちの、いくつかの業者と仲良くなり情報交換のコネができました。
仲良くなった業者の一人に都内の長瀬金融の番頭をしている、大池さんという方がいました。
在日韓国人で歳は55歳、この道20年のベテランです。よく客を紹介してくれました。
その大池さんが私に高橋のリファイナンスの相談をしてきたのです。

 リファイナンスとは、金融業者が自分では手に負えない債務者を他の金融業者に連れていき「借り換え」をさせる事。
   業界で通称「ババ抜きゲーム」という。


大池
 ヒロちゃん・・・ちょっと・・性質の悪いのに引っ掛かって困ってんのよ・・・
     リファイナンスしてくれる?

   いいけど・・・いくら? 

大池 2000万なんだけど・・・・・

   デカイね・・・担保がないなら無理だよ? 取立てなら引き受けるけど・・・

大池 だよねぇ・・・ 困ったねぇ・・・ 金主に何て言えばいいのか・・・

   でも、2000万なら、お宅も担保を取ってるんだろ?? 

大池 イヤ・・・無担保なんだよ・・・

   嘘つくなよ!! 大池さん!! 
     
無担保で2000万貸す馬鹿が何処にいるんだよ!! 
      デタラメ金融映画 「ミXミの帝王」(自主規制)じゃあるまいに・・・

大池 マジなんだ・・・ その女に会えばアンタも分るよ・・・

   女なの? 歳は? ツラはどうなの?  上玉なの? 

大池 女だよ 歳は27  ツラは、まぁ・・・上玉だね・・・

   だったら、実家の親を追い込むか・・・最悪の場合には気の長い話だけど、
     
吉原のソープで働いてもらえばいいじゃない!! 
     
大池 それが、実家の親は話にならんし・・その女はソープもダメなんだよ・・・

   実家の親がダメなのは分るけど、ソープがダメなんてどういう意味?
    ははぁーん・・・大池さん!! もしかして・・・

     
やっちゃった? 惚れちゃった?

大池 馬鹿言うなよ!! 俺だって金融屋のはしくれだ!! 
     
ゼニを貸した相手と寝るかよ!! 惚れるかよ!!

   ムキになるなよ!! 冗談なんだからさ!!  そのくらいは、心得ているよな・・・

ちょっと中断、世間様では悪徳金融業者は女性の債務者に
体で払え!!と肉体関係を
迫ると思われていますが、
それはマズありません!! 
中には、そういう馬鹿なことをするチンピラもいますが、それは極少数の例外です!!

金貸しが債務者と寝たらゼニは返ってきません!! だってさ・・・

アタシの一発は高いのよ!! だからチャラね!! 

と言われたらそれまでだからね・・・ 

それより何より、業界では
カッコ悪い行為!!とされている。 
つまり、金融屋とは
ゼニに命をかける職業なのに、女の色気に負けたとなれば
馬鹿にされて、同業者の誰からも相手にされなくなる。
同業者から相手にされないと、情報交換をしてくれなくなり商売が非常にやりにくくなる。

こんな、破廉恥な事をするのは、最近話題になった「トイチ金融」ならやるかもしれないが、
私から言わせていただければ、あんな
チンピラ連中を金貸しと言ってもらいたくないね。

話を戻します。

   金融道20年の大池さんから、無担保で2000万を引っぱる女なんてどんなヤツ? 
     
興味があるねぇ!! うひょょょょ!! とからかった。

大池 そんな、からかうなよ・・・とにかく会ってみてくれ・・・ 
     リファイナンスの判断はそれからでいいから。

というワケで、後日、その女に会ってみることにした・・・・ 

上野駅の喫茶店で待ち合わせをして、大池さんと一緒にその女は現れた・・・

高橋 始めまして、内田さん 高橋 恵です宜しくお願いします。

ぎょ!! ゾクゾク !! 寒気がくる程の美人だ!! 

この、物凄い美人がこれから半年の間、私に次々と厄介事を持ち込む

大迷惑女!!
になるとは、この時は想像もつかなかった・・・

もし!! ドラえもんのタイムマシーンがあり、人生のやり直しがきくならあの時に戻りたい!!

そして!! その場から裸足で逃げ出したい!!   

さて、どのくらいの大迷惑な女なのか?  続きは今度でっせー!!

注意このエピソードは実際にあった私の体験談ですが、諸事情により登場人物の名前の一部は変えております。 


今日の一言 (映画 ヒートより)

俺には才能がある、だからヤマをふむ。
アンタに刑事としての才能があるようにな。

ロバート・デニーロとアル・パチーノが共演する、超贅沢キャストの映画だ!! 
銃撃戦シーンは迫力満点!! 見るべし!! うーん・・・ハード・ボイルドだねぇ・・ 

ヒート

ブックマークする→  このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 Buzzurlにブックマーク お便り、いちゃもんはコチラ ページのトップへ↑
2004年1月30日 大迷惑!! 女ギャンブラー3

大迷惑!! 女ギャンブラー3 2004 1月30日
 

警告

今日は株式投資の話は一切ありません。危ない話にアレルギーを感じる方は絶対に読まないで下さい。 
この警告にも関わらず読んで、私をならず者・悪人と思い込むのは許しません!!


さて、この寒気がくるほどの美人を目の前にして・・・・

うむむむ・・・とりあえず話だけでも聞いてみよう。 

という気になってしまいました。

ああっ!! どうせ俺様は美人に弱いよ!! 
どうせ不純な男だよ!! 文句あっか!?


・・・・取り乱してしまいました・・・・失礼しました・・・・

この高橋という女はカジノ(バカラ)に
狂って一億円ほどの借金を作ったそうです。

最初は真面目にOLをしていたらしいのですが、友達に誘われて初めてカジノに行った時に
一晩で500万円を儲けたそうです。 ビギナーズ・ラックでんな・・・
それからは、安月給のOLが馬鹿らしくなり、仕事もしないでバカラに夢中になってしまいまし
た。こうなると・・・・後はお決まりの借金地獄ですな・・・きゃははは!!  

高橋は岩手県出身で、実家はけっこうな地主でした。
高橋は「実家は地主だから、返済は絶対に間違いない!! 大丈夫です。」
と調子の良いことを言っては金貸し連中からゼニを借りていました。 

金貸し連中も
延滞したら実家に払ってもらえばいいや!! ってなワケで、
無担保でもバンバン貸し付けていました。 
そのうちに、気が付いたら、50件くらいの業者に合計で一億円近くになってしまい
本人ではどうする事もできなくなってしまいました。(大池さんもこの中の業者の一人です。)

そこで、高橋は実家の親に泣きついて借金の清算を頼んだのです。
実家の親も馬鹿だから、銀行に土地を担保に入れてゼニを工面して清算してやったのです。 

そして、二度とバカラはやらないと親と約束をしました。

が!! しかし!!


また以前の金貸しの所に行き、借金をしてカジノに行くようになった。
 アコギな金貸しは、親族が借金を清算した客には頼まれれば、また喜んで貸すものです。
   金貸しの間では、親族が清算してれるヤツのリストまであるくらいです。

そして
半年でまた1億円の借金を作ってしまったのでした・・・

つまり、バカラを憶えてからわずか1年たらずで、
2億円をドブに捨てたことになります。


ここで、大池さんの事情を説明します
 
大池さんは、前に貸したゼニは無事に回収できた。親が払ってくれたからね。
今回もまた実家が払ってくれると思い、無担保で貸し付けたのであった・・・ 

そして、また延滞した時に実家を追い込んだのであるが・・・

バカラを絶対にやらない!!
 と約束してから半年でまた一億円の借金を作って

きた馬鹿娘に、さすがの親馬鹿な親も怒ってしまい

親子の縁を切る!
 と言われて勘当されてしまったのでした。 

となると・・・ ソープで働いてもらうしかないのであるが・・・・

本人は
絶対にイヤだ!! と駄々をこねている・・・ という話です。 

 


こんな話を聞いたら・・・絶対にゼニは貸せません・・・・

 高橋さん、悪いけどご融資は出来ないね・・・
   実家が保証人になるとか担保があるなら話は聞けるけど・・・・

高橋 担保ならあります!! 私自身です!!

 はぁ? 返せない時は体で返すということですか? 
   でも、アンタはソープで働きたくないんだろ? だから大池さんが困ってんじゃないの・・・

高橋 私は絶対に体は売りません!! 私の才能を担保にするのです。

   才能? なんか特技でもあんの?

高橋  ええっ、 ギャンブルの才能があります!!   

   ん? 何? 本気で言ってんの? 
    
 アンタは馬鹿?? ギャンブルでゼニを返すつもりなの?

高橋
  そうです!! 

私はあきれ返ってしまった・・・そして、横に座っている大池さんの顔を見た・・・
大池さんは、気まずそうな顔をしている。 そこで大池さんに話しかけた。

 大池さん・・ アンタ・・俺を馬鹿にしてんの? 
    こんな、馬鹿を連れてきて、どうすんのよ??

大池 イヤ・・・この女は別格なんだ・・・物凄く博打が強いんだ・・・
     ひょっとしたら、バカラでゼニを返すかもしれない・・・

  だったら、なんで!!一年で2億円も負けるんだよ!!
    
いい加減にしねぇと、しまいには怒るぞ!!

大池 だけど・・この女は300万くらいまでは、毎回、本当に勝つんだよ・・・ 
     しかし、コイツはそこで止めないから全て
パァにするんだ・・・
    
  あははは、そんなワケねぇだろ!! 毎回 300万まで勝つなら日当270万じゃねぇの!!
    一億なんて、50日で返せるじゃねぇか!! 大池さんの2000万なら10日だよ!! 
   
馬鹿なことを言ってるなら私は帰るよ!!

大池
 分った!! リファイナンスはいいから、この女とカジノに行ってくれ!!
     俺がどんなに止めても聞かないんだ!! だからヒロちゃんが付け馬してくれよ。
       そして、300万になった時点でスグに金を回収してくれ。
 付け馬とは監視役の意味。この場合は300万になった時点でバカラを止めさせる役目の意味。

私  アンタ・・・マジで言ってんの?? 
     (どれだけ、この女が博打が強いのかを見てみたいね・・・・と思いました。)

大池 マジだよ!! マジで見てくれ、この女はスゲェから・・・

大池さんには、上客を紹介してもらったりしていたので、まぁ暇つぶし程度にカジノに
行ってみるかという気持ちになってきました。
(こうして、私がゼニを貸す話はナシになりました。) 


そこで、新宿の歌舞伎町のカジノに行きました。


ここで、バカラという遊びを知らない人のために説明をします。


バカラとは、
オイチョカブ に似ているゲームなんです。 (勝つ確率は二分の一)
簡単に言うと、プレイヤーとバンカーに分かれてドチラが9に近いか?を当てるゲームです。
うむむむ・・ルールを全部説明するのは面倒だから・・・・

オイチョカブアトサキ(バッタまき)を足したような博打と憶えてね

この博打を憶えたら、他の博打なんて馬鹿らしくて出来ないね。 絶対に中毒になる・・・・
世の中には、
パチンコ依存症なんて言葉があるけど、バカラの中毒性の比ではない!!、 

バカラの中毒性はシャブの三倍!!  

と言われているくらいだからね・・・・・ 
何人の金持ちが今まで、このゲームの悪魔的魅力にとりつかれて破産したことか・・・
偉そうに言っている私だって、今までに
何億使ったかわからないね・・・
ちなみに、バカラ とはイタリヤ語だったかな?  
ゼロとか破滅という意味なんだよね。

さてと、話を戻します。 

ギャンブル女と大池さんと三人で、カジノにつきました。 

その頃の私はバカラのルールが分らなかったので、カウンターバーで酒を飲んでいました。
それから、30分くらいして、ギャンブル女の様子を見に行くと・・・ 















げげ!! 200万くらい勝ってる!! 

私はあわてて、
もう止めて帰ろう!! 200万回収できるじゃないか!! 
と大池さんに言いました。

大池  ダメなんだ、ワンシューター(ひとゲームのトランプがなくなるまで)が
      終わらないと換金ができないルールなんだ・・・

   なるほど、ゲームを続けさせないと勝ち逃げするヤツが出てくるからね。

大池  ああっ!! アイツ!! とイキナリ大きな声を上げました。

見ると、あの馬鹿女は
今まで勝って増えたチップ(200万)を 

ぜぇんぅぅぅぶ プレイヤーに賭けています!! 


うわ!! 何してんだ!! 私はあわてて止めようとしまいましたが・・・


無情にもディーラーが・・・

ノーモァ ベット!! それまで!! 
(この声がかかるとチップを戻したり、賭けたりできなくなる)
 
うううっ 頼む・・・こうなったら 勝ってちょーだい!! と祈りました・・・ 


結果は・・・・ドキドキ・・・






















ギャンブル女の勝ちでした・・・ふう・・・

たった10秒の間に200万儲かってしまったのです・・・・
結局、この日は約500万も勝ちました。 

確かに、この女は博打が強い・・・・ 度胸も半端じゃない・・・
平成の女博徒
だねぇ・・・ 

 
大池 なぁ? ヒロちゃん 言った通りだろ? 

私  だけど、たまたま運がいいだけなんじゃないの? 

大池 イヤ、この女は300万までなら絶対に勝つんだよ!! 本当だから!! 
     嘘だと思うなら 一週間くらい連続で見てみなよ!! 

  そんな、仕事があるのに、カジノに毎日、何時間も行ってられないよ・・・
    

と言いながら、次の日もギャンブル女とカジノに行きました。 


大池さんは仕事で来られないので、ギャンブル女にに50万を預けて

いいか? 300万になった時に止めるんだぞ!! 
勝ったらスグにヒロちゃんと帰って来いよ!!


と言ってました・・・・ 
そして、店について・・また3時間くらいで300万くらいまで勝ちましたが・・・
その女は欲をかいてゲームを続けて最終的には
オケラになりました・・・

それを聞いた大池さんは、俺に対して

大池  ヒロちゃん!! 
     300万の時になんで止めさせないんだよ!!
 
  
と私に文句を言いました。

   だったら、自分が見張ってろよ!! 
     俺はこの女のお守を引き受けた憶えはねぇよ!!
     一緒に連れて帰ることは約束したが、300万で止める約束はしてぇねぇよ!!
     
と言い返してやりました。

読者の皆様は信じられないかもしれませんが・・・・
マジでこの女は、毎回カジノに行くたびに一度は300万までは勝つのです!! 
    でもその後は欲をかいて
パァ の繰り返しです。  

こんなことを三日ほど繰り返したある日の事・・・・

このギャンブル女は、なんと!! 
一晩で、3000万も勝ったのです・・・

とにかく!! 博打が強いんだよ!! この女は!! 

急いで、大池さんを呼んで 2000万を回収しました。
しかし、
残った1000万は次の一晩でまた
パァ!!

こんな女を二週間ばかり見ていて・・・

こいつぁ・・・金のなる木だ!! 


と私は思いました・・・ 作戦はこうです
彼女のチップは私が出してやり彼女の好きなように賭けさせる。
そして、ある程度の儲けになったら止めさればいいのです。
私の取り分は儲けの70%で、女は30%です。ただし負けても私は文句を言わない約束です。

ようするに 
平成女博徒に便乗大作戦 !! ですな・・


私は昔から・・・

楽をして儲ける。 人の稼ぎをピンハネする

勝ち馬に乗る。 長いものには巻かれる。

を心がけてきましたのでね。 
おっと、ズレたね。私の
人生哲学の話は、このあたりで止めといて話を戻します。


私の思惑通り・・平成の女博徒
、は私の提案に飛びついてきました。
そして、私と毎日カジノに行く約束をしました・・・作戦開始の初日のことです。

店につくと元手の50万を渡して好きなように賭けさせました。
私は後ろで見ているのですが・・・長時間の監視は退屈でしょうがない・・・
5時間くらいして、、あまりにも退屈なので・・・
カウンターに行き酒を飲んでいました・・・ もう一度見に行くと・・

300万くらい勝っています。 私はスグに止めようとしましたが・・・



 

頑固なんです!! 絶対に止めない!! 
意地でも帰らない!! 


それで、最後には
パァ

作戦は失敗・・・しかし、帰りになると、魅力的な大きな瞳でジッと私も見つめて・・

今日は本当にごめんなさい!!
次は絶対に300万になったら止めるから、また明日行こう!!


と私を誘うのです。

私は・・
絶対だぞ!! 今日の50万は許してやるけど明日は許さんぞ!! 

と約束をしました。

ああっ!! どうせ俺様は美人に弱いよ!! 
どうせ不純な男だよ!! 文句あっか!?



でも、次の日も・・・・・
 
頑固なんです!! 絶対に帰らない!! 
意地でも帰らない!!
 そしてまたパァ!! 

これを、サラに二回ほど繰り返して、さすがに
イヤになりました・・・・

私は、同じ失敗を繰り返す
平成の女博徒にあきれ返ってしまい・・・
平成女博徒に便乗大作戦!!を中止しました・・・

損害金額は4日間で200万円!!


えっ?! 何で300万の時に無理矢理にでも止めないんだ? だって??
 

この女を知っていたら、そんな事は絶対に言えないね!!
この女は普段は礼儀正しく、教養もあり上品なんですが。
バカラをやり出すと
別人格になるのです・・・
そのギャップが激しくて、同一人物とは思えないくらいです。
ゲームが始まると・・・3日間連続で眠りもしないで、ずっとバカラをやっているような女です。

最初はチョコチョコと小額を賭けていくので、なかなかチップが増えません。
そのうちに、長時間の監視をしている私も疲れてしまい仮眠をする・・・
そうすると、この女は好き勝手にやり始めるのです。つまり大きく賭け出すのです。
しかし、私が寝ていることをいいことに300万になっても止めない。
そして、カジノというのはゲーム中は私語厳禁なので、強い口調で無理に止めようとすると、
黒服やマネージャーがそれを制止するのです。周りのお客さんの迷惑になりますからね。
つまり強引に無理矢理に止めるような事が出来る雰囲気にないのです。
ですから、トイレの前に呼び出して 
今すぐ止めろ!! と言って聞かせるのですが・・・

返事だけは100点満点!! でも私の言った事は一切無視!!
そして、最終的にはパァ!! これの繰り返し・・・・


今に思えば大池さんは、この方法で毎日100万だの50万だのと
貸し付けて気が付いたら
2000万円になっていたのですね・・・

ギャンブルが儲かるハズがない!!
内田も馬鹿だね!! と、今、思ったあなた!!


言い訳だけど!!この平成女博徒の強さは、都内のカジノでは伝説になっているんだよ!!
今から、7年くらい前にカジノの黒服か支配人をやっていたヤツなら知らないヤツはいない!!
この女を知らないヤツは
ハッキリ言ってモグリだね!! 
どんな人でも、目の前であの女の強さを見たら、思わず便乗したくなる程なのです・・・

説得力のある素晴らしい自己弁護が終わったところで話を戻します。

平成女博徒に便乗大作戦!!は中止したので彼女と一緒にカジノに行くのは止めました。

しかし
・・・この女と一緒にカジノに行っていたせいで・・・

私もバカラの醍醐味を憶えてしまい、週に一度は一人で行くようになってしまいました。

ミイラとりがミイラになった とはこのことでんな・・・

そして、都内のカジノは、何処でも行くようになりました。 
平成女博徒とも、アチコチのカジノで会いました。カジノ好きはカジノをハシゴする習性がある。

ある日のことです・・・ 

六本木のカジノで久しぶりに彼女を見かけたので声をかけたら・・
彼女が私に近寄ってきて、カジノの黒服を指差して私の耳元でこう言いました・・・

高橋  アタシね・・最近・・あの黒服に口説かれてて困ってるの・・・ 
      店が終わったら遊びに行こうって、しつこいし・・うるさいのよ・・・
      うっとおしいから、内田さんを彼氏ということにして断りたいんだけど・・・
      内田さんのこと、アタシの彼氏と言って断ってもいい?
      内田さんの
暴力的な雰囲気は効果があると思うんだよね・・ 

    ああっ、べつにかまわないけど・・・
      
そんなに・・・俺って ガラが悪い?? 

高橋  うん!! どう見ても
暴力金融の親玉にしか見えない!!
  


      酷いことを言うなぁ・・・
      俺は
ホトケの内田って言われているんだぞ!! 良心的で有名なんだぞ!!
      と言いましたが・・・無駄な抵抗のようです・・・・ 

          

ところで、彼女は物凄い美人なので、いろんなカジノで近寄ってくる男が沢山いました。

ちょっとしたカジノ・クィーンだね。

とにかくモテたね・・・しかし、彼女にとってはそれが、うっとおしいく面倒くさいようでした。
でも、私が彼氏の役を引き受ければ、誰も近寄ってこなくなります。  
私は彼女の頼みごとを聞いてやり、都内のカジノであった時は彼氏のフリをしてやりました。

そのウチに都内のカジノの黒服や支配人の間では・・

高橋さんは内田社長の愛人だ・・
だから、彼女に手を出すとヤバイぞ!! とか、口説いてて行方不明になったヤツがいる。
などと、
事実無根の話が、まことしやかに囁かれるようになったのです。  

私も・・ 俺の名前で
ハッタリ効果があるなんて・・・

俺もチンピラ卒業だね・・・うひひひ!! 
大物の仲間入り!! 若きドンと呼んでちょ!!


と嬉しい気分になったので、彼女との噂を
否定しませんでした。


ところが・・・これが、災難の始まりだったのです・・・・

ある日のこと、彼女から電話がありました・・・

高橋 カジノはもう止めて真面目に暮らす。そして岩手の実家に帰る。 
     親とは仲直りをしたから。

  ああっ、それは良い事だね。 借金は大丈夫なの? 

高橋 大丈夫だよ!! 全部の業者に話しはついているから。

  ワザワザ報告をするなんて、高橋さんっは、けっこう律儀なんだね・・・
    なんて、ことを言って別れの挨拶を済ませました。 

    
さて、その週末に久しぶりにカジノに行きました。 

高橋を一生懸命に口説いていた、あの黒服が私を見ると・・
待ち構えていたかのように私に近寄ってきました・・・

黒服  内田社長・・・ そろそろ彼女ツケを払ってくれませんか?

    はぁ? なんだそりゃ?

黒服   内田社長がいない時に、彼女が負けこんだ時がありましてね。
      月末までにパパ(私)が払ってくれるから、チップを貸してほしいと言われたのです。
      私どもも、チップの貸し出しはしないのですが、他ならぬ内田社長の彼女だから
      500万ほど貸したんですよ・・・ 聞いてないのですか?

    聞いてないね・・・ 俺はそんなゼニは払わないよ・・・

黒服   そんな・・困ります・・・あなたの彼女のツケなんだから払って下さいよ!!

 カジノ業界では、愛人が遊んだツケはパパ(スポンサー)が払うという不文律がある。
   黒服は私を高橋のパパだと思っているので、請求をしてきているのだ。 全ては噂のせいです・・・・

     しつけぇな!! お前らが勝手に貸し付けておいて、何を言ってんだよ!!
      テメェ・・客に
いちゃもんをつけんのか? あん? 
        

黒服    でも彼女が内田社長の愛人なのは大勢の人が知っていますよ・・・

私   あれは、オマエがしつこく口説いたから演技してたんだよ!!
    

黒服  はぁ? 私は彼女を口説いたことは一度もありませんよ・・
     借金の催促は何度もしましたけど・・・
     それに、彼女は内田さんの愛人だと言っては、
     いろんなカジノから借金をしてますよ? 知らないのですか?
     

私    
ナヌ?? マジ?? あの女め!! 
    でもゼニは絶対に払わん!!


と、30分くらい、ごちゃごちゃと揉めていたら・・・そのうちに・・・
 

怖いお兄さん達が出て来たちゃった!!
なんだか・・・とっても・・・厄介な事が起きそうな予感・・・ うむむむ・・・
この続きは今度でっせ!!

しかし!! やってくれたね!! あのクソ女!! 

注意このエピソードは実際にあった私の体験談ですが、諸事情により登場人物の名前の一部は変えております。 


今日の一言

今から一年もたてば、私の現在の悩みなど、
およそ下らないものに見えることだろう。
                          サミュエル・ジョンソン
                

ブックマークする→  このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 Buzzurlにブックマーク お便り、いちゃもんはコチラ ページのトップへ↑
2004年2月 4日 大迷惑!! 女ギャンブラー4

大迷惑!! 女ギャンブラー4 2004年 2月4日

警告

今日は株式投資の話は一切ありません。危ない話にアレルギーを感じる方は絶対に読まないで下さい。 
この警告にも関わらず読んで、私をならず者・悪人と思い込むのは許しません!!

と、30分くらい、ごちゃごちゃと揉めていたら・・・そのうちに・・・ 

怖いお兄さん達が出て来たちゃった!!
なんだか・・・とっても・・・厄介な事が起きそうな予感・・・ うむむむ・・・

 

相手は5人です、一人は中々の面構えで30歳くらいの人です。うーん・・ヤクザだね・・
でも後の4人は・・暴走族に毛が生えたくらいの見るからにチンピラ・・・・
これだったら、俺様の方が根性入ってるね・・と思うほどです。 


一番偉そうな人が私に話しかけてきました・・・


お兄さん  どうしたの? お客さん? 俺達、この店のケツ持ちなんだけどさ
(注「ケツ持ち」とは、バックにいるヤクザのこと。カジノが用心棒を頼んでいるヤクザの意味。「悪い人達用語」です。)


  イヤ、お騒がせしてすいません。 
    
まちがっても賭場荒らしではございません。
     ただ、この黒服が払う言われのない借金を請求するものですから・・・
     つい、
カッとなって大きな声を上げてしまいました。申しわけございません。


と謝ってから、彼女がカジノにツケをして逃げた事。それを私が代わりに請求されている事。
彼女と愛人関係を演技していた理由。私は彼女とは一切関係がないという事などを
イロイロと事情を説明しました。

が!! しかし!!  

私の話を聞いて 
「ハイ そうですか、では、お帰り下さい。」と言ってくれる 
も・の・わ・か・り が良くて素直で優しいお兄さん達には全然見えません・・・

そして・・思ったとおり・・・

お兄さん
 お客さんの話は分ったよ・・
        でも、彼女(愛人)のツケはアンタ(パパ)が払うのが
スジってもんじゃないの? 
       

冗談じゃない!! 彼女は私の愛人じゃないんだ!!と心の中で叫びましたが・・

人の話に対して全く聞く耳を持たない!!
思い込んだら自分の考えを絶対に変えない野蛮な輩!!
に・・・
何て説明すれば納得してもらえるのか? と困ってしまいました。
これでは、文明人がアフリカのジャングルに入り
ゴリラを説得するようなものです・・・

そして私が困り果てて黙っていると・・               

お兄さん 今まで、俺も時々 お客さんと彼女を見かけたけど・・
         あれだけ仲良くしていて
愛人じゃない!!と言われても信じられないね。

と、お兄さんの口調は
大変に穏やかですが・・・
お兄さんの後ろに控えている子分達が私を
鋭い目つきで睨みつけています。


何だか、ムカついてきたね・・・ 丁寧に説明してんのに・・・


それに私は彼女と一回も寝ていない!!

それなのに愛人と言われるのは迷惑だ!!


一回でも寝た相手なら、そう言われても仕方がない・・高い一発だね・・と諦めがつくけどさ。
でも、お兄さんの立場で考えれば俺だって同じことを言うよなぁ。
全てはあの「彼氏のフリの演技」がいけなかったのだ。


ああっ!! 悔やんでも悔やみきれない・・・


あーあー
  しかも・・・ 後ろのチンピラどもは俺様にガンを飛ばしてんよ・・・ 

いきがりやがってチンピラが・・やる気満々!! 戦闘モードだね・・ 
本当にイライラしてきたね・・うううっっ・・・でも・・・怖いわー!! 

それに、短気を起こしてしても仕方がありません・・・相手は5人だし・・コッチは一人・・・
うむむむ・・・勝ち目は無い・・これは何度も根気よく説明して説得するしかありません。

でも、怖いお兄さん達に囲まれて、頭が真っ白になった私は
逆効果なことを口走ってしまった・・・

 それでは、あなたの言うとおりに彼女は私の愛人だとします。 
   でも、なんで連帯保証人でもない私が彼女のケツを拭かなければならないのですか?
   それに、
賭博行為により生じた債権は請求できませんよ? 


とヤボなことを言いました。そして俺は何を言ってんだ?とスグに後悔しました。
力が全ての連中に・・言い換えればアウトロー(法律無視の輩)に法律を
説明しても無駄じゃないか!! 今に思えば私は開き直っていたのかもしれません。 



お兄さん  アンタ・・・何言ってんだ?? アンタも裏街道の人なら、
         そんな言い訳が俺達に通用するワケねぇことくらい分るんだろ? 

ありゃりゃ・・・俺様を「裏社会の住民」と勘違いしてやがる・・・まったく・・どいつもコイツも・・
外見で人を判断しやがって!!  俺様は
良心的な金融業者だ!! 


 すいませんが、私はカタギの人間です。いつも、不良と見間違えられますがね。
   あなたの理屈は、あなた達の世界の掟やしきたりでは正しいのでしょうね。
   でも私は
善良な一般市民!!です。
   あなた達の世界のルールを押し付けられても私は困ります。


お兄さん  ほう・・アンタは都合の良い時だけ一般市民と言うわけか? 
          じゃあ、その
善良な一般市民様が賭博場で遊んでいるのは
     何なんだよ!! とぼけんなよ!!

ううっ・・ごもっともな御意見でございます・・・全くおっしゃる通り!!
でも私は・・・
ああ言えば、こう言う男なんだよーん!!


 あれ?? ここは、違法賭博をしているのですか?  
   あくまでも、チップを賭けるだけで換金しないゲームセンターではないのですか?
   知らなかったなぁ・・・すると私は知らない間に賭博行為をしていたんですね・・・
   これは困った・・・法律を犯してしまった・・警察に捕まっちゃうなぁ・・・どうしましょう??


と、またまた混乱して、すっとぼけた事を言っちまいました・・・ 

すると、さすがにお兄さんも怒ったみたいです・・・


ちょっとマズかった?? きゃはは!!


お兄さん
  オイ!! こら!! 半グレ!! 
         
調子に乗ってんじゃねぇぞ!!  
         
そんな屁理屈が通ると思ってんのか?
    
それに、さっき自分で賭博行為の債権は無効と言ったろ!!  

と怒鳴り始めました。後ろに控えている子分達も、今にも飛び掛ってきそうな雰囲気です。
( 「半グレ」とは 半分グレている中途半端なヤツの意味。 ようするに半分カタギで半分ヤクザみたいな「ろくでなし」の意味)


あわわわわ・・・怖い怖い・・・ 


お兄さんの怒鳴り声に驚いたお客さん達が 一人また一人と帰り始めました。
トバッチリは御免ですからね・・・誰もが自分の身が大切という事です。
そして、店には、店のスタッフとお兄さん達以外は誰もいなくなりました・・・・ 

・・怖い人を完璧に怒らせちまった・・・どないしよ??
しかし・・若さの勢いとは怖いモノです、私の反論は止まりません!!

   「半グレ」って失礼だなぁ・・・ それとさぁ・・・
     
お兄さんが、大きい声で怒鳴るからお客さん達が
    ビビッて帰っちゃったね・・これでは、ケツ持ちどころか・・
    
営業妨害じゃないの? まぁ どうでもいいけどね・・・

     
ところでさ・・・お兄さん達はどうすんの?  
     
俺から無理矢理にでも取り立てるの?  



でも、そんな事したら・・・僕・・・怖いから
警察に行きまちゅうぅぅ・・・


と、またまた、すっとぼけた事を言ってしまった・・・
うむむむマズイ・・誰か私の
無駄口を止めてくれーー!! 
     

ここまで、おちょくれば
戦闘開始でんな・・・仕方がない・・・覚悟を決めますか・・・


すると予想に反して・・・お兄さんは、
唖然としていました・・ 

コイツは話になんねぇ
と思ったみたいです・・・
つまり、私を
脅かすだけ時間の無駄だと判断したようです。 

となると・・・ヤッパリ・・・最後の手段である・・・
実力行使!!

怖いお兄さん達は、何も言わないで黙っています・・・でも顔は真っ赤です・・・








怒った顔してババン!!バン!!







・・・・ こりゃ・・・ボコボコにされるね・・・下手したら殺される・・・・
(「口は災いの元」とはよく言ったもんだ・・・でも僕ちゃんは・・・我がままなんだもーん!!)






まぁ、今となっては仕方がないから覚悟を決めるか・・・
(偉そうにしている兄貴分みたいなのをやっちまえば・・後はゴミだから・・何とかなるね)








恐ろしい静けさと・・・殺気だ・・・

(来るなら来いよ!!)









ヤッパリ・・・怖い・・・ぷるふる
(今から、ごめんなさい!! したら許してくれる?)





ドッチでもいいから早くしてー!! 不気味な沈黙が怖いぃぃぃ!!
(やるのかやらねぇーのかハッキリしろ!!)





でも、怖いお兄さん達は、かかってきません・・・

どうやら、頭の中でイロイロと
損得勘定を始めたみたいです。

目の前にいる、生意気な若造(私のこと)は脅かしても無駄です・・・
となれば、
実力行使しかない・・でも、それをすれば辛い刑務所暮らしが待ってます。

何しろ私は無理に取り立てたら警察に行くと!!宣言しているのですから。

それに、チンピラに
ボコボコにされたくらいで俺様は素直にならないからね・・・
そのくらいでビビッて泣き寝入りするほど優しい性格はしていないからね!!

この辺りのことは、私の言動から判断してお兄さんも理解しているようです・・・
私は心の中では、ヒビリまくっていても顔は
平然としてましたからね・・・

そして、カジノからのエンソ(用心棒代)をもらっているのは、お兄さんではありません。
恐らくお兄さんの兄貴分か親分のフトコロに入っているハズです。
今回の借金も、カジノが貸し付けたゼニであり自分のゼニではありません。
自分に何の得があるワケでもないのに人を殴って刑務所に行きたがるヤツはいません。

しかし、このまま何もしないで帰ったのではカジノのケツ持ちとしてのメンツが立たない。
恐らく組に帰ってから兄貴分や親分に怒られるでしょう・・・

でも・・ 実力行使をすれば間違いなく懲役が待っています。

でも?

500万の取立て
でそんなリスクを犯せますかね?? 自分のゼニでもないのに??

その辺を考えて・・・お兄さんは躊躇している様子です・・・迷っている様子です・・・


うふふふ・・・この気持ちは俺様も骨身に染みて理解できるんだよねぇ・・・・
意外と皆様は御存知ないんだけど、喧嘩はハッタリが
90%だからね。


ハッタリだけで相手がビビってくれたらラッキー!!ってなもんなのさ。

ところが・・・ハッタリが相手に通じないと、本当にやるしかなくなる・・・
でも、そうなると後でイロイロと面倒な事が起きるから困るんだよ。
始めるのは簡単だけど後始末が大変だ。うふふ・・子供の喧嘩じゃないからね・・・
 

お兄さんも、困ってるね・・・迷ってるね・・・ でも追い詰めるとマズイなぁ・・・
(この頃になると私も平常心を取り戻し、相手を冷静に観察できる心理的余裕があった)

そこで私は、振り上げたコブシの「落としどころ」を提供しました。


私は挑発したことを謝り、冷静になるように頼んでから、もう一度だけ事情を説明しました。 

そして、私に
厄介ごとを持ってきた張本人である大池さん(長瀬金融の番頭)に電話して
、彼女と私の関係や出会ったいきさつを、大池さんからもお兄さん達に説明してもらいました。

ちなみに長瀬金融の長瀬会長は、金貸しになる前は暴力団対策班の刑事をしていました。
後輩に現役の刑事が沢山いるので、お兄さん達の世界でも一目置かれている存在です。
そこの番頭をしている大池さんの説明なら、お兄さん達も大人しく話を聞くと思ったのです。 

つまり、私のような若造に好き勝手に言われたままゼニを回収できないとなると、
お兄さん達もカジノのケツ持ちとして
メンツが立たない・・
でも、大池さんが登場して大池さんに説得されたというストーリーができれば・・・

大池さんの顔をたてて、今回だけは勘弁してやる となるのです。

これなら自分の兄貴分や親分にも、何もしないで帰って来た言い訳にもなりますからね。
カジノへの体裁と親分や兄貴分への「言い訳」が整えば多分・・大丈夫だろう・・・

お兄さんは大物ではありませんが、4人の子分のいる男ならチンピラではないハズ・・

スグにカッとなる馬鹿なチンピラとは交渉の余地はありませんが、
冷静に損得勘定の出来る
賢い悪党とは交渉が出来るものです。(ゲーム理論)


これで駄目だったら・・・
本当に覚悟を決めるしかないね・・



そして、私の思惑通り納得してくれたみたいです。 この説明に要した時間は
約1時間!!


つまり、私は怖いお兄さん達に一時間も囲まれていた事になります

今だから笑って話せるけど・・あの時は・・ワシャ・・・とっても・・・怖かった・・・

ここでは、物騒な騒ぎにならないで無事に済みましたが・・・それ以来・・
何処のカジノに行っても・・カジノの黒服や支配人からも同様のことを言われて

彼女の借金の清算を要求されました・・・

説明に渋々納得してくれるカジノもあれば、納得せずにガタガタと揉めてしまい・・・
またまた
怖いお兄さん達が出動してきたカジノもあります・・・

とにかく・・・
大変にうっとおしい思いをしました。

そして、この時のトラブルが原因で、多くのカジノから
出入り禁止にさせられました。

その上、カジノで知り合ったお客さんたちからも・・・

「実は彼女にチップを貸していたんだ・・・」とか
彼女は何処に行ったの? 匿ってんじゃないの?」とか
「アンタ彼氏なんだから払ってよ」と言われる始末です。 

あの女はカジノだけでなく、カジノで知り合ったお客さん達にも借りていたみたいです・・・

なんて極悪な女なんだ!! 酷い!! 酷すぎる!!  

そのつど、事情を丁寧に説明して納得してもらいました・・・
でも、こんな説明を何十回も繰り返すので、いい加減ウンザリです・・

あああっっ!! 思い出したら腹が立ってきた!!


しかも、それだけではありません!! 

あの女は、私の知らない間に勝手に
自分の住民票を私のマンションに移して、
私の住所と電話番号を使い・・・・

私は内田の内縁の妻です、チョッと物入りなので貸して下さい。
スグに返済しますので、内田にはくれぐれも内緒にして下さい。


などと
大嘘をついて、金貸し(ほとんどが私の知り合い)からゼニを借りていたのです・・
金貸し連中も「内田さんの愛人なら間違いない」と安心しきって貸付ました。

だから・・・あの女が行方不明になってから

朝から晩まで電話が鳴りっぱなし・・・・

同業者から電話攻撃!! どうなってんの? 金返せコールが殺到!!
 

電話で丁寧に同業者に事情を説明しても納得しないヤツが多く、酷いヤツになると・・・

私のマンションまで押しかけて
玄関のドアを蹴っ飛ばすヤツまでいました・・・

まぁ・・そういう酷いことをするヤツには・・・

金融屋のマナーと道徳を紳士的に教えて差し上げましたがね。 



しかし・・・・


金貸しが同業者に追い込みをかけられるとはマヌケな話でんな

とにかく、彼女のせいで
酷いトバッチリを受けました。  
それでも、6ヶ月も過ぎるとカジノと金貸し連中からの電話攻撃も無くなりました。

半年の間で私は「カジノ」と「ヤクザ」と「金貸し」と「彼女にゼニを騙し取られたお客さん達」に

何十回、同じ説明を繰り返したか分りません!! 


皆様は疑い深い人種だから、説明しても中々納得しては下さらない・・・
その上、野蛮な方が多いときている・・・ 
相手を刺激しないように丁寧な説明をする・・・それも何十回も!! 

まぁ!! 面倒くさいったら、ありゃしない!! 

あああっっ!! 思い出したら腹が立ってきた!!

読者の皆様もチョッと想像してみて下さい・・・
毎日、毎日、金貸しとカジノの取立人が自分の家に訪問してくる毎日を・・・


育ちの良い上品な私には・・・とっても心臓に悪いです・・・ 
ウチの実家の母親なら、気絶して
ひっくり返りますね・・・

話をもどします。騒動
一件落着して一年くらい平和な時が流れました。

今度はそこへ来て・・・ ボロアパートの大家さんから・・・

大家さん  ああっ内田君? 今ねぇ 警察の人が来たよ・・・・

       警察? 何処の警察? 

大家さん  警視庁A警察署と言ってたけど・・・
         
アンタ・・・何か・・・やっちゃった? 

       とんでもない!! 私は善良な一般市民です!!
         

と、大迷惑!!ギャンブル女の一番最初の話になるのです。 

さて、刑事さん達が尋ねて来て喫茶店で事情を聞かれた時に話を戻します・・・

これまで、読者様に述べたギャンブル女の全てを、尋ねて来た刑事さん達に話しました。

刑事さんは私の話を聞き終わった後に・・・・ 大きなため息をついて・・・

刑事  ふーん・・ 彼女にはアンタも相当に酷い思いをさせられたんだね・・
      他にも大勢の人が同じような目にあっているんだよな・・・

と同情をするような目で私を見ました・・・ 
刑事さんと話していたせいで、また、あの女を思い出して
ムカムカしてきたね・・・

あの女!! 行方不明になってからも俺様に迷惑をかけやがって!! 

オマエのせいで、警察が尋ねてくるから

ビビッたじゃねぇか!!

俺様は警察を見るだけで怖いんだよ!! 

心当たりが多すぎて困るんだよ!! 馬鹿!!

しかし、このような気持ちを押し殺して・・・私は

   だけど、刑事さん・・ あの女はギャンブルさえしなかったら
    

    本当にいい女だよね・・・ 礼儀正しいし教養もある・・・
    その上、物凄い美人だしね。 魔性の女ってヤツかね?

     
     彼女もバカラに人生を狂わされたんだね・・・ 
     言うなれば彼女も被害者なのかもしれないね・・

と、ガラにもなく
善人ぶったことを言いました・・・       

刑事  内田さんも、けっこう見かけによらず優しいんだね・
      
まぁ、とにかく御苦労さまでした。 
      また聞きたいことがあったら電話で連絡します。
       
と言って、刑事さん達は帰っていきました。 

見かけによらず優しいだと?? 
どう見ても、俺様は優しい男じゃねぇか!!

まぁ、それは他人が評価する事だから、自分で言っても仕方ないね・・・・


しかし!! やってくれたね!! あのクソ女!! 
大迷惑な女ギャンブラーだね!! 

私は、彼女のせいで酷い目にあいましたが今では笑える思い出です・・・
あの女が生きていれば現在は34歳です。どうしているのでしょうか? どーでもいいけどね。


今回のギャンブル女とのトラブルで私が学んだ教訓を下記にまとめました。


結論です。

・ ギャンブルをする女性を絶対に愛人や彼女にしない!! 

・ 自分の彼女や愛人でもないのに彼氏の演技をしない!!

・ セックスをしていない女性の言葉を一切信用しない!!一切の情をかけない!!
  利用されただけの時に、自分の馬鹿さ加減によけい腹が立つから!!

・ 3回デートしてみて、セックスさせてくれない女性とはバイバイする!!
  粘ってみても時間とゼニの無駄!! 世界に女性は30億人もいるんだから次に進もう!! 

・ 女性をまわりくどく口説かない!!「させて下さい!!欲しいのは君の体だけ!!」とハッキリ言う。
  嫌われたら嫌われたで次の人!! セックスさせてくれない女性に好かれる必要は無い!! 

上記のことを私は 
効率的恋愛仮説 と命名した。

 この考えに異議や反論がある方もいらっしゃるかもしれませんが、自分で体験した事を教訓にしているだけですので宜しく!!

注意このエピソードは実際にあった私の体験談ですが、諸事情により登場人物の名前の一部は変えております。 


今日の一言 (銀河英雄伝説より)



愛してもいない女を抱くには人生は短すぎる。

                                              ワルター・フォン・シェーンコップ 



ブックマークする→  このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 Buzzurlにブックマーク お便り、いちゃもんはコチラ ページのトップへ↑

御意見、感想、いちゃもんはこちらです。

内田博史のろくでなし日記 投資コラム トップ ページのトップへ↑