億万長者を夢見るすべてのデイトレーダー・スイングトレーダーへ、
このサイトは私の情熱笑いで書き綴っております。

警告 このサイトは不適切かつ過激な表現や差別用語、誤字脱字のオンパレードで御座います。 読者にインパクトを与える為に作者が意図したものです。教養レベルの高い方、 お育ちの良い方は読まれない事をお奨めします。
この警告を無視して不機嫌となり、その後に引き起こされる非常事態については一切責任を負いません。

不幸にも、このサイトに迷い込んでしまった方へ
このサイトは素通り厳禁 です。食わず嫌いはいけません!!そして、今すぐ「お気に入りに登録」しましょう!!


無料レポート

過去記事 2003年からあるぞ!!

Amazon.co.jpアソシエイト

皇紀2678年12月21日

おまいらまずはブログランキングポチしてから読めよ。

確率のバラツキ ってのがある。 確率を理解してないと、3割の確率なら 10回

に3回とか 3回に一回とか、100回に30回 って 普通は考える。

3割の確率を収束させるには、一般的な感覚の母集団では足りない。 896回の

試行回数が必要となる。 これだって、上下5%の誤差が出る。

896回の試行回数の間には、 40連敗なんてことだって起きるし 10連勝なんて

ことも起きる。 確率を理解していない者は、精神的に耐えられないと思う。

理解している者だって、かなりキツイ。 理解してない者は、この方法は違う

って考えてしまい、また違う方法をやりだしたりして 永遠に収束せず。

永遠に答えが見つからないと言うことになっちまう。 本当に確率のゲーム

なんだろうか? って言うと、厳密に言うと二度と同じ事が起きない以上

確率のゲームとは言えないのかもしれない。 二度と同じ事が起きないと言うの

は、同じように見えるだけで、実際に同じ事が起きる為にはそのパータンが

現れた時に、相場の参加者が同じタイミングで同じ玉を持つ必要がある。

そんな事は絶対にありえないので、違った場合にどう対処するのか? ってこと

がどうしても必要となってくる。 素人は、やり方を学べば、違った場合に

どうするのか? ってことがら解放されると勘違いをしてしまう。

損失がイヤなので、損失そのものから逃れようとする。 大事な事はトータルで

どまくらい金が増えたのか? ってことであり、当てたり勝率をあげる事が

重要なのではない。 言い換えると、小さい損ってのはトレーダーにとって

は必要経費であり、おいおい大丈夫かよ? って思うような連敗が起きたとし

ても、損失が小さければそんなに酷い事にはならない。 ルール通りにやって

いれば、そんなに酷い事にはならない。 相場はサイコロを振るように確率が

正確に現れることはないが、やはり確率にそってトレードをした方がよい

結果が出る事が多い。 正解と言うワケではないが、他に方法がないので

そう考えるしかない。 この点が心がブレる原因なのかもしれない、他に

方法がなく、それをしていたらトータルで金が増えた。 でも、明日にはそれが

違ってしまうかもしれない。 こういう心理状態は、相場をやっている限り

ずっと続くもんだと思った方がよい。 安心して貧乏でいるか? ドキドキして

不安を抱えながら金持ちでいるのか? ドッチを選ぶ って話だ。

トレーダーって道を選んだ以上は、安心とか安定と言った言葉は忘れた方が

よい。 また、安定を求めれば結果として安定から遠ざかるものだ。

 

今日もポチたのむぞ  ランキングをクリック! 人気ブログランキングへ  読み逃げすんなよ