財務分析1

お奨め書籍!!
俺様が読んで良書だと思う書籍のみをアップしてある。おまいらコレを読め!!
これを読んでも、意味がわからないなら株をやるな!! 朝から晩まで働いてろ!!

物語を読むように

おまいらまずはブログランキングポチしてから読めよ。

物語を読むように 2004年 4月13日
 

 ろくでなし財務シリーズ

警告公認会計士・税理士・会計に精通している方は読まないで下さい。アホでも分るようにアホの管理人が書いておりますので、
専門家や精通している方には、あまりのレベルの低さに精神的苦痛を感じると思います。    


今までは 貸借対照表・損益計算書・キャッシュフロー計算書を大雑把に説明してきました。
とりあえず、これらの三つが一緒になって始めて財務分析が出来るということと
企業の発表する利益を鵜呑みにして、その数値で計算された財務指標等で投資判断を
下すことが大変に危ない!! ということが分かったと思います。

今のような、上昇相場の時は・・・
誰が何を買っても儲けられる時なので、

ヤフーファイナンスに記載されている、PER・PBR・ROEといった指標を参考にするだけで
十分です。 しかし、これでは上昇相場の時だけしか儲けることしかできません。

どんな時も儲けたいのであれば、企業が持つ実力を確実に知るしかないでしょう。
その為には会計の勉強をしないといけません。 
「ろくでなし財務シリーズ」を始めたのは初心者の方が会計の勉強をする助けに少し
でもなれば嬉しいと思ったからです。 

しかし、現実は「危ない話」の時ばかりアクセスが増え「財務シリーズ」が始まってからは
アクセスが減少してしまうという悲しい結果になっています・・・

やはり、会計の勉強は一般的に、つまらないのでしょうね・・・クスン

そこで!! 
今日は何故に会計が難しくてつまらないのか?
会計を楽しく勉強する方法はないのか? についてお話したいと思います。

まず、会計を必要以上に難しくしている2つの勢力があります。

一つは会計のルール! もう一つは専門用語! 

帳簿を見ていると・・・ ん? これが資産? これが利益と言える? と思うときがあります。
一般的に私達は 
儲けとは「現金」で見ています。
「帳簿上の利益」ではピンときません・・・現金はとっても大切です。


例えばキャバクラで見つけた可愛い娘をたぶらかす・・イヤ間違えた・・・

可愛い娘を口説くにも






愛情を表現する手段として・・・



福沢諭吉さんが必要となります!!


コンビニに行くにも、買い物をするにも現金が必要です。

つまり言い換えれば、経済活動とは・・・

より多くの現金を獲得する為の行為であります!!
ということは、儲けは現金で見なくていけない!!

しかし、会計の世界では現金を手にしていなくても儲けは儲けとなります。
これが、会計の世界の言葉で
「発生主義」と言うそうです。

私達の普段の感覚では、手元に来た現金が最終的な儲けとして認識されるのに
会計では「帳簿上の利益」が現金と同じ利益と認識されるし、
税金は「帳簿上の利益」にも課税されます。とにかく、この発生主義という考え方が、
私達のように会計に馴染みのない者にとって会計を分かりにくくしているのです。

でも、これが会計のルールなんだから仕方がない。

会計のルール、これは変えられないとしても「専門用語」は自由に変えてもいいと思います。

べつに私達は会計士や税理士じゃないんだからさ!!

だったら思い切って、分かりにくい「会計用語」を自分流に変えてみたらどうでしょうか?
例えば、前にも言ったけど 数字が1000(百万円)となっていたら、10億円と書き換えてみる
売上金を 
アガリ と表現したっていいと思います。

とにかく自分の分かりやすい言葉に置き換えてみる。これは大切なことですよ。


さて、企業の財務分析や会計を楽しくする上でもう一つ大事な事は、
企業の誕生から現在までの経緯を知ることです。
私が株式投資・会計の勉強を始めたばかりの時ですが・・・

投資や会計の本を読んでは・・・

PERは低いほうが良いのだ!! ROEは高いのがいいのだ!!
売上高利益率は何々%ないと駄目!! 経常利益率は何々%ないと駄目!!


などと、日本の伝統的勉強方式

詰め込みの丸暗記!! をしていましたが・・

もともと、記憶力が良い方ではないし・・・忘れっぽいので・・・
指標の合格ラインを書きとめてから、帳簿から数値を拾い出している間に・・・

脳ミソ爆発!! 何度も自己嫌悪におちいりました。

そこで、発想の転換で専門用語や指標の合格基準の丸暗記を中止して、
企業の生い立ちから現在にいたるまで、投資家から集めたゼニをどのようにしたのか??
これ からの企業価値がどのようになるのか? を単純に考えました。

これを 紙芝居式にまとめました。
例えば、


5年前に内田博史という
「インチキ臭いヤツ」が会社を作った・・・



もう少し、商売を拡大したいが・・・ゼニが足りない・・・



そこで、ジャスダックに上場して投資家から資金を集めるを企んだ・・・



投資家から集めたゼニで商品を仕入れて、それを売って儲かった



儲けたゼニで株主に配当をしたり、再投資をして順調に成長していった。



上場してから何年かたち現在にいたる。



何年か後には毎年増益を続け天才経営者と言われるようになる。

このように、上場した時に

いくらのゼニを集めて、それをどのように使ったのか?

これに注目して、注意深く分析をすれば企業の本当の姿が見えてくると思うのです。

つまり、利益の成長や現在にいたる経緯を

小説や物語を読むように
見るのです。

そうすると、今までは数字の羅列でしかなかった帳簿が・・・

起業家 内田博史のサクセスストーリー!!

となり見ていて面白くなります。
まず、楽しまないといけません。 楽しいことは人間は一生懸命にやります。



最初に
「売上高利益率」はこのくらいが良いのだ!!とか
「流動比率」はこのくらいあれば安心!! 
という指標の合格ラインを覚えるよりも、小説を読むように企業を分析しないと駄目なのです。
そうした上で、他の企業と比較したり多くの企業を分析すれば、憶えるのに一苦労した
専門用語・「何とか比率はこのくらいがいいのだ!!」というヤツが自然と頭に入ってきます。

結論です。

・ 一番最初に投資をする企業の誕生から今にいたる経緯を調べましょう。
・ 財務指標の合格ラインを丸暗記しても、スグに忘れるし意味がない。

今日の一言 

バークシャーが買いを入れるのは、
他の投資家がレミングのこどく
一斉に売りに傾く時です。

                                  ウォーレン・バフェット
 

今日も ポチ たのむぞ  ランキングをクリック! 人気ブログランキングへ  読み逃げすんなよ



ブックマークする→  このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 Buzzurlにブックマーク お便り、いちゃもんはコチラ ページのトップへ↑

自由っていったい何だ?2

おまいらまずはブログランキングポチしてから読めよ。

自由っていったい何だ?2 2004年 4月8日 
 

 ろくでなし財務シリーズ

警告公認会計士・税理士・会計に精通している方は読まないで下さい。アホでも分るようにアホの管理人が書いておりますので、
専門家や精通している方には、あまりのレベルの低さに精神的苦痛を感じると思います。    

フリーキャッシュフロー2

前回は後味の悪い、ろくでもない終わり方でしたが、今回もフリーキャッシュフローについて
です。

フリーキャッシュフローについて、しつこく二度ものべるのは非常に大切なことだからです。
さて、株式投資をする時はイロイロな指標を参考にすると思います。

例えば・・・
PER・ROE・EPSなど、これらは全て「当期利益」をもとにして計算をされてい
ます。しかし、「当期利益」が不正に操作されていたら、これらの指標はまったく意味を持ちま
せん。これでは、根拠となる数字が狂ってしまい、狂った数値をもとにして分析しても意味が
ありません。

「当期利益」を増せばROE・EPSなどの数値は良い数字になりますが・・・

ここで、気をつけてほしいのは 
当期利益=現金での儲けではないということです。

商売をしている人なら分かると思いますが、儲けが現金化されるまでは「帳簿上の数字」でしかない。

本当の意味での儲けとは現金で回収されてはじめて「儲け」となるのです。 
(注 現金での儲け以外は「儲け」とは言えないというのは、あくまでも私の感覚であります)

しかし、会計上は「帳簿上の数字」だけの利益でも利益とみなされるのです。

ということは・・・売上をごまかして、利益を水増し(粉飾)をされたり、
税金逃れをする為に利益を圧縮(逆粉飾)をされていたら、

利益は実態とかけはなれてしまうのです。

何しろ、紙キレに経営者側の人間が自分で都合の良いように書くことですから・・・
帳簿の数字を
バレない程度にいじくれば、いくらでもゴマカシはできます。

動物の中で唯一、嘘をつく動物が人間です!!

だから、人間不信で疑い深い私は、
ほとんどの企業がこれを(粉飾or逆粉飾)をしていることを前提に分析をしています。
私は世の中の全てを
性悪説で見ているので、このように考えます。
性悪説とは、人間の根源は悪であるとした考え方ですね。 
これに対するのは
性善説です。


ああ!! どうせ俺様は心が歪んでるよ!! 
人間不信だよ!! ゲスの勘ぐり男だよ!!
だから犬とゼニしか信用しないんだよ!! 
文句あっか?!

(私が絶対の信頼をおいて、小指の先ほども疑わない存在である、最愛の娘たち!!)

さてと、興奮して話がズレたので戻します。

とにかく、企業が発表する「当期利益」を鵜呑みにしないで自分で調べてみることが大事です。

私は超保守的な人間ですから、利益は「現金」以外は信用しません。

現金だけは、ゴマカシようがないからです!! 

ですから、「キャッシュフロー計算書」が大事な意味をもってくるのです。 
そして、その中から 自由に使えるゼニ「フリーキャッシュフロー」を正確に
割り出すことが大切なのです。これが豊富にあれば「配当」を厚くしたり、「自社株買戻し」を
したりして「株主価値」を上昇させることが出来るからです。

チョッと中断、現金はゴマカシようがないと言いましたが・・・
刑務所行きを覚悟して「預金証書」を偽造したり、偽札を会社の金庫に入れておいて
監査法人に認証してもらえば「現金の量」をゴマカスこともできます。
実際に「見せ金」を貸すことを商売にしているヤツもいますし、「記帳屋」と言って銀行口座に
ゼニを振り込み、預金通帳に残高があるように見せるのを協力してやるヤツもいます。
さすがに上場企業はここまではやらないでしょうが、やろうと思えば出来るということです。

監査法人なんか信用しません。 「袖の下」でどうにでもなる!! 
会計操作・・・そんな事をすれば犯罪だからしないだろう。

なんて、思ったらいけません。

日本はバレなければ何をしてもいい国なんですから!!
それに、日本人は、熱しやすく冷め易い国民性ですから
バレてもスグにほとぼりも冷めるから大丈夫!!

では、人間不信で心が歪みまくった男の話はほっておいて、
財務分析をして「フリーキャッシュフロー」の豊富な企業かどうかを見分ける方法を勉強しま
しょう。まず、必要なモノは紙と鉛筆と四季報CDです。
四季報のない人は企業のサイトを見てください。四季報CDが欲しい人はここで買えます。

私は山猫達にお金がかかるのよ!! だからお願いだからここで買って下さい。
 

まず フリーキャッシュフローは一番オーソドックスなパターンを使います。

つまりフリーキャッシュフロー=営業CF+投資CF-金融費用 
というヤツです。
このうち、営業CFと投資CF は四季報の「BS」というところをクリックすれば帳簿の中段くらい
の場所に出てきますが、金融費用だけは出てきません「財務CF」で一緒くたになっています。
そこで、調べたい企業のサイトにジャンプして「IR」とか「投資家の皆様へ」というところを
クリックして調べてください。 
有価証券報告書でキャッシュ・フロー計算書を探して 「金融費用」という
項目を探してその数字を差し引いてください。 
「金融費用」とはようするに、借金した時の利息のことです。当たり前の話ですが、無借金経営の場合にはゼロになります。 

さて、これで一番簡単ではありますが「フリーキャッシュフロー」の金額が分かりました。
この金額を
発行済み株式数でわります。
(必ず最新の発行済み株式数を確認してください)

そうすると、
一株当たりの フリーキャッシュフローが分かります。

つまり、株式一株当たりにつき、いったいぜんたい・・・

どのくらい自由に使えるゼニ
があるのか?


という事が分かります。 私が一番知りたいのはコレだけと言ってもいいくらいです。

例えば 株価が500円で一株当たりのフリーキャッシュフローが100円の企業があった場合

理論上では企業に投資した資金を5年で回収できる計算になります。

ただし理論上の話です!! あくまでも
絵に描いたモチであります!!
だけど、何度も言っているように・・・いずれ株価は理論上(本源価値)の株価に追いつくのです。

何でだか私は知らん!! いわゆる 
神の見えざる手というヤツ!!
とにかく、そうなんだから仕方がない!! 

そこで、現在の株価を一株当たりフリーキャッシュフローで割ってやると現在の株価が、
フリーキャッシュフローの何倍なのか? が分かります。 先に出てきた例で言うと

500/100=5 となり 答え(PFCFR)は5となります。

計算方法はPER(株価収益率)の場合と似ていますね。

PER(株価収益率)=株価/EPS(一株当たり利益) 

しかし、EPSとは現金の儲けではなく、現金と帳簿上の利益(売掛金)を含めた合計なので、
一株当たりフリーキャッシュフローで計算したPFCRよりは正確さを欠きます。
しかも、EPSは会計操作でどうにでもなるというオマケつきです。

だから、私はPERを参考にしないでPFCRを参考にするのです。

ただし、私は筋金入りの
現金主義者なので、このように考えます。
ですから、帳簿上の利益(売掛金)も利益と認める方はPERを参考になさってもいいのです。


さて、次回はテーマをまだ決めてません。

結論です。

・ EPSをもとに算出PERより、一株当たりフリーキッシュフローをもとに計算した
  PFCFRの方がより厳密だと思う。

・ 自由に使えるゼニが多い企業ほど株主価値が増加しやすい。
  自由なゼニがなければ、「無いソデは触れない」ので
  配当や自社株買戻しをやりたくても出来ないから。
  
今日の一言


株をギャンブルと考えるなら、
結果もギャンブルと同様になる



                        マット・セト
 

今日も ポチ たのむぞ  ランキングをクリック! 人気ブログランキングへ  読み逃げすんなよ



ブックマークする→  このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をクリップ! Yahoo!ブックマークに登録 Google Bookmarks に追加 Buzzurlにブックマーク お便り、いちゃもんはコチラ ページのトップへ↑